包茎治療の痛みは薬で対応した

包茎であることは、自分にとってかなりコンプレックスになっていたので、色々な生活に支障が出るほどでした。
例えば、温泉などに行くのも恥ずかしくて行かれませんでしたし、プールに行くのにしても着替える時に誰かに見られるのではないかという不安があり、行かれずにいたからです。
包茎治療を受ければ、そのコンプレックスから解放されることはわかっていましたが、やはり痛みが強いのではないかという不安が大きかったです。
それでもこれでは人生を楽しむ事が出来ないと思い、包茎治療に踏み切る事にしました。
手術を受ける前には不安が大きかったですが、事前に説明を受けていたので、不安は最小限にまでできたと思います。
手術をしてからも痛みは、痛くないと言ったらウソになります。
しばらくは痛みが続きましたので、処方されていた薬を飲んで対応をしていました。
幸いにも薬がよく効いたみたいで、薬を飲んでからは痛みに苦しめられずにすんだので、耐えることが出来ました。
薬を飲まなければかなり痛かったかもしれませんが、処方してもらえていたので良かったです。
手術は怖いというイメージを持つのは当たり前ですが、そこを突破出来れば人生を一変させることが出来るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です